"'09年北海道の蝶"の記事一覧

ハヤシミドリシジミ他 小樽カシワ林のゼフィルスたち(北海道―9)

午前9時40分、カシワ林の低い位置の葉上にハヤシミドリシジミのオスがとまっていました。しばらくすると、翅を半開きにして青緑の翅をキラリと輝かせてくれました(写真1)。 午後は、少し高い位置の葉上でハヤシミドリシジミのメスが翅を全開してくれました(写真2)。持参した脚立が初めて役に立ちました。 林縁に咲いた花へハヤシミドリシジミのオスが降…

続きを読むread more

カバイロシジミ他 クサフジの花咲く三笠の草原で(北海道―8)

日当たりの良い草原にはクサフジの花が咲き乱れ、舞台準備は整っていました。Hさんの「カバイロがいたよ!」の声を合図に、カバイロシジミのショーが始まりました。 クサフジの花で吸蜜をしながら、1頭のメスが翅を開きました(写真1)。満腹したのか、葉上で休むメスも翅を全開で見せてくれました(写真2)。2頭とも、翅表のクロオビは幅広くメスの特徴を示…

続きを読むread more

カラフトヒョウモン他 大雪湖周辺林道などで(北海道ー7)

午前11時半過ぎ、雲の動きで数分間だけ日が射した時、道路脇の草むらでヒョウモン蝶たちが飛び始めました。数少ない小さな花で慌しく吸蜜を始めたのは、カラフトヒョウモンとホソバヒョウモンでした(写真1,2)。セセリチョウなども出ていましたが、ヒョウモン類を写すのが精一杯で、日が陰ると同時にほとんどの蝶は姿を消しました。 写真1 カラフトヒョウ…

続きを読むread more