"'08年夏の北海道"の記事一覧

ベニヒカゲ他 札幌、小樽でフィナーレ(北海道夏の蝶―最終回)

8月1日午前11時、手稲山の標高600m付近の草原で、ベニヒカゲと遊びました。元気に飛び回るベニヒカゲは敏感で、接近を拒否し、105mm望遠で追っかけましたが相変わらずビリッとした写真は撮れませんでした(写真1,2枚目)。天候が不安定で、小雨が降り出したため、中腹の好ポイントをあきらめて下山しました。 午後は、お馴染みの銭函のカシワ林…

続きを読むread more

ジョウザンシジミ 日勝峠の別世界(北海道夏の蝶-10)

午前10時から、背よりも高い草木を掻き分けて探索すること30分、日の差す明るい草むらでチリチリと小さな蝶が飛ぶのを見つけました。すばやい動きの蝶を追い、やっと翅を広げるジョウザンシジミが写せたのは午前11時でした(写真1,2枚目)。 エゾノキリンソウの花で吸蜜するジョウザンシジミもいました(写真3枚目)。幼虫の頃を思い出していたのかな?…

続きを読むread more

コムラサキ 中札内林道の賑わい(北海道夏の蝶―9)

中札内の林道でコムラサキの集団に出会いました。北海道へ来てから3度目の出会いです。今回は、10頭以上とこれまでよりも頭数が多い集団でした。あまりにも密集度が高いため、翅を開くゆとりがなく翅をたたんだままでした(写真1枚目)。 見ていると、集団に遅れてきた蝶は、翅を開き(あの翅を輝かせて!)同種であることをアピールしながら近づいていまし…

続きを読むread more