"'08年夏の蝶"の記事一覧

モンキアゲハ、クロアゲハ 小雨の中の吸蜜

昼過ぎ、再び小雨が降り始めました。蝶のいなくなった庭をながめていると、1頭の大きなモンキアゲハが飛び込んできました(写真1枚目)。彼女は、ブッドレアの花でむさぼるように吸蜜した後、飛び去りました(写真2,3)。後でカメラの記録を見ると、わずか1分少々の吸蜜でしたが、珍しい雨中の訪問だっただけにもっと長時間に感じました。 同様に小雨の中…

続きを読むread more

ダイミョウセセリ他 あわただしい晴れ間の訪問

ハイスピードで飛んできて、生垣のキンモクセイの上まで伸びたウマノスズクサの葉上にとまったのは、ダイミョウセセリでした(写真1枚目)。ダイミョウセセリは、西軍の旗印を広げて、常に高い位置にとまり、周囲を威嚇していました(写真2枚目)。 丹後地方は不安定な天候が続いていますが、午後の数分間、薄日が差しました。待ち構えていたように、蝶たちが…

続きを読むread more

キアゲハ、モンキアゲハ他 蝶たちの五輪

北京オリンピックの熱戦の合間に、庭に目をやると、シンクロナイズドほど揃ってはいないがデュエットで庭を飛び回るキアゲハがいまし(写真1,2枚目)。また、同じように飛び回るアゲハも見かけました(写真3枚目)。 昨日は、ブッドレアの上空で堂々とソロの演技をおこなうモンキアゲハもいました(写真4枚目)。 常連のキタテハはブッドレアの花で吸蜜しな…

続きを読むread more