"'08年初夏の蝶"の記事一覧

ミドリシジミ ハンノキ林のイケメンたち

晴天ではないが、霧が晴れた朝のハンノキ林を探索しました(写真6枚目)。 ハンノキの葉上に1頭のミドリシジミがとまっていました(写真1枚目)。気配を感じて飛んだ時、緑の翅がキラリと輝きました。 低い位置にとまったミドリシジミに接近して顔を見ると、なかなかのイケメンでした(写真2枚目)。わずかに見える表翅の青い色が彼を一層引き立てていました…

続きを読むread more

ミドリシジミ 霧雨のハンノキ林で

霧雨の降る午後2時、湿原のハンノキ林を歩きました。木道から少し離れた葉上にジッと固まるミドリシジミを見つけましたが、距離があり、105mmレンズではその表情までは写せませんでした(写真1枚目)。でも、やっとミドリシジミを初撮りすることができました。 少し歩くと、足元からミドリシジミのメスが飛び出し、こんどは、近くの木の葉上にとまりまし…

続きを読むread more

アカシジミ やっと出ました晴れ舞台へ

午後3時、陽射しが少し和らいだころ、樹上に1頭のアカシジミがいました(写真1枚目)。今シーズンのゼフ撮影第1号です。例年もっと早く出るアカシジミが今になったということは、他のゼフの出も遅れているのか?地元のベテラン愛好家が「アカシジミもおらん!」と大きな声でぼやいていました。やはりそのようです。 午後4時過ぎ、ふと目の前にラブラブのキ…

続きを読むread more