"'08年春の蝶"の記事一覧

キアゲハ、アゲハ 五老岳のバトル開始

午前9時を回ると、舞鶴市五老岳(標高301m)の見晴らしの良い丘に新鮮なキアゲハが現れました(写真1枚目)。彼らは、他の蝶がまだ出ていない広場をゆうゆうと占拠していました(写真2枚目)。時には、ハナアブや同じキアゲハとニアミスすると、小さなバトルを行っていました。 午前10時を回ると、アゲハが遠慮がちに参加してきました(写真3枚目)。…

続きを読むread more

ツバメシジミ、ベニシジミ他 和泉の春の蝶

日当たりの良い法面の草むらに、小さなツバメシジミが舞うのが見えました。近づいて見ると、早くから出ていたのか、オス、メスとも少し翅に痛みが見られました。しかし、その優雅な姿は春の進行を感じさせてくれる美しさでした(写真1~3枚目)。 近くには、葉上にとまる新鮮なベニシジミもいました(写真4枚目)。また、少し離れた草むらには、新鮮なツマグ…

続きを読むread more

スギタニルリシジミ 大江山で頑張っていました

大江山の谷水の流れる周辺で、湿った道路から1頭のスギタニルリシジミが元気に飛び出しました。カメラを構える動きに敏感に反応していましたが、その内、信用したのかとまってポーズしてくれました(写真1枚目)。 スギタニルリシジミは、春先の蝶としてどうしても会っておきたい蝶のひとつです。兵庫県三川山の麓で初対面するのがぼくの年中行事でした。今年…

続きを読むread more