"夏の蝶('07年)"の記事一覧

キアゲハ、モンキアゲハ、ゴマダラチョウ他・拙宅庭への訪問者たち(8月)

猛暑の8月、拙宅庭を訪れた蝶たちで目立ったのは、数的に多いキアゲハとモンキアゲハ、そして、3年ぶり復帰のゴマダラチョウでした。 キアゲハは、庭にただ1種だけ咲いているブッドレアの花を訪れ、盛んに吸蜜を繰り返していました(写真1枚目)。モンキアゲハは、例年になく数が多く、川沿いに巡回する途中、庭を通過していくのがよく見られました。8月後…

続きを読むread more

ツマグロヒョウモン、ヒメアカタテハ他・処暑、空山の蝶たち

空山(標高550m)山頂部の日当たりの良い広場に咲いたノアザミの花で、新鮮なツマグロヒョウモン♂が吸蜜をしていました(写真1枚目)。また、山道を行くと、道路脇に咲いたノリウツギの白い花に埋もれるようにヒメアカタテハが留まっていました(写真2枚目)。 1週間ぶりに行った空山ですが、やはり処暑の候(8月23日頃~)、暑さは残るものの、前回…

続きを読むread more

アオスジアゲハ・真昼のブルートレイン

正午前、ふと外を見ると、青空をバックに3頭のアオスジアゲハが一列になって飛んでいました。彼らは、他の蝶でよく見かけるバトル時ほどの猛スピードでもなく、かといって優雅でもなく、鮮やかなスピードで隊列を乱すことなく空中を大きく飛び回っていました(写真1、2枚目)。 1頭のメスを追尾していたのか、3頭で遊んでいたのか分かりませんが、その整然…

続きを読むread more