"沖縄の蝶('06年)"の記事一覧

イシガケチョウ少年時代の憧れ(’06年アルバム)

沖縄から帰りの機中で、沖縄本島いたるところで出会ったイシガケチョウのことを思いました。饒波と源河の渓流沿いの樹林、知念城跡と糸数城跡周辺の樹林などでの出会いが特に鮮やかによみがえりました。 1950年代、故郷南紀の熊野市(当時は木本町)では、学校の先生が迷蝶であるイシガケチョウを採捕したとローカル新聞に大きく載ったものです。にわか昆虫…

続きを読むread more

ツマムラサキマダラ棲みついた南のお客様('06年アルバム)

森の中から低空を滑るように飛び出してきたツマムラサキマダラは、見事な紫色を輝かせた後、近くのセンダングサの花に止まりました。自慢の翅は閉じていたのですが、一瞬吹いた風のおかげで、少し開いたところを写すことができました。 沖縄本島東南端の知念村にある知念城址は、近くに琉球第一の霊場「斉場御獄(せーふぁーうたき)」もあり、一帯に自然の森が…

続きを読むread more

リュウキュウヒメジャノメ冠「琉球」(’06年アルバム)

名護市源河の林道脇の草むらから、リュウキュウヒメジャノメが飛び出し、近くの葉表に止まりました。ワンショットだけポーズをとってくれた後、再び草むらに姿を隠しました。 パイナップル畑、バナナ畑の広がる所から始まった林道は、渓流沿いの山間部に入りました。林道脇の樹林沿いにナガサキアゲハ、オキナワカラスアゲハなどのアゲハ類が飛び、春の賑わいを…

続きを読むread more