ウスバアゲハ 神鍋高原で舞う

5月の青空へ菜の花から飛び立つウスバアゲハです(写真1)。
気候の変動などで、花もチョウも少なく感じられる中、さすが懐の深い神鍋高原、出る時期に出て舞うウスバアゲハを見てホッとしました。

1.200514神鍋Bウスバアゲハ4447smS.jpg
写真1.ウスバアゲハ飛翔 豊岡市日高町 2020.5.14

晴天の5月14日、朝から但馬一帯を散策し、正午過ぎに、ウスバアゲハのポイントへお邪魔したのでした。
静かな広場では、美しい花で吸蜜する新鮮なウスバアゲハを写すこともできました(写真2)。

2.200514神鍋ウスバアゲハ4563smS.jpg
写真2.ウスバアゲハ吸蜜 豊岡市日高町 2020.5.14

この日、広場に出ていたウスバアゲハは5~6頭で、出始めのようでした。
ウスバアゲハは花に囲まれて、ゆったりと吸蜜したり飛翔したりしていました(写真3,4)。

3.200514神鍋Bウスバアゲハ4468smS.jpg
写真3.ウスバアゲハ吸蜜 豊岡市日高町 2020.5.14

4.200514神鍋Bウスバアゲハ4475smS.jpg
写真4.ウスバアゲハ飛翔 豊岡市日高町 2020.5.14

求愛行動をおこなうウスバアゲハもいました(写真5)。
結果は?・・・でしたが、長閑に時間が経過していました。

5.400514神鍋ウスバアゲハ4570smS.jpg
写真5.ウスバアゲハ求愛 豊岡市日高町 2020.5.14

そろそろ引き上げようとしたころ、「この角度から撮って!」とポーズするチョウもいました(写真6)。

6.400514神鍋」ウスバアゲハ4594smS.jpg
写真6.ウスバアゲハ吸蜜 豊岡市日高町 2020.5.14

「さよなら!」と、花から花へ低く飛翔するチョウもいました(写真7)。
この道路沿いの広場は、多目的に使用されているようで、花の咲く面積が年によって異なるようです。それでも、季節が進むと、以前見たような乱舞を再度見ることができるかも?
そんなことを期待しながら、午後1時過ぎ高原を後にしました。

7.200514神鍋Bウスバアゲハ4514smS.jpg
写真7.ウスバアゲハ飛翔 豊岡市日高町 2020.5.14

ウスバアゲハと出会う前、神鍋高原北の稲葉の畑で、コウノトリを見かけました。清らかな自然のシンボル、車の中から記念写真を写させていただきました。

8.200514神鍋コウノトリ4554smS.jpg
写真8.コウノトリ 豊岡市日高町 2020.5.14

翌5月15日、地元、宮津市上世屋にもウスバアゲハが少し出ていましたが、風が強く、再度出直すことにしました。

この記事へのコメント