テングチョウ 大江山渓流沿いの崖に出る

3月25日、晴天の正午、渓流沿いの道路脇の崖に、冬眠明けのテングチョウがとまっていました(写真1)。
雪の少ない冬だったせいか、美しい姿でした。

1.200325北原テングチョウ4216smS.jpg
写真1.テングチョウ 福知山市北原 2020.3.25

日の当たる崖では、数頭のテングチョウが出ており、中には追尾をするなどハイスピードで活発に動いていました。
見晴らしの良い崖面で見張っているテングチョウもました(写真2,3)。

2.200325北原テングチョウ4221smS.jpg
写真2.テングチョウ 福知山市北原 2020.3.25

3.200325北原テングチョウ4224smS.jpg
写真3.テングチョウ 福知山市北原 2020.3.25

大江山稲荷神社へ続くこの道路で、見かけたのはテングチョウだけでした。
崖には少しスミレ類なども咲いていましたが、まだ春を待つ風景でした。

4.200325北原スミレ類4222smS.jpg
写真4.スミレ類少し 福知山市北原 2020.3.25

高度を上げた大谷林道でも、数頭のテングチョウを見かけただけでした(写真5)。

5.200325大谷テングチョウ4225smS.jpg
写真5.テングチョウ 福知山市大谷林道 2020.3.25

稲荷神社へ立ち寄ってから鳩ヶ峰駐車場まで車で登りました。途中、登山グループの方々と入違いました。蝶の姿はなく、駐車場からUターンしました。
鳩が峰では、2010年に写したのを最後に、ギフチョウに出会っていません。足が回復したら登ってみようかな?

6.200325鳩が峰B3997mS.JPG
写真6.鳩ヶ峰駐車場から鳩ヶ峰展望 2020.3.25

「日本の鬼の交流博物館」のある仏性寺まで降りると、道路脇の明るい広場で、冬眠明けのルリタテハがいました(写真7)。
なわばりらしく、何度か戻ってきましたが、翅を広げてはくれませんでした。

7.200325仏性寺ルリタテハ4226smS.jpg
写真7.ルリタテハ 福知山市仏性寺 2020.3.25

蝶は少なかったですが、久々に美しい風景を眺め、何とかコロナのことを忘れさせてくれました。
大江山の鬼たちが、大きな杯をもって「今度は飲みにおいで」と見送ってくれました(写真8)。

8.200325仏性寺鬼とハスラーB3999smS.jpg
写真8.大江山の鬼 福知山市仏性寺 2020.3.25

初夏になると、あちこちの山でテングチョウの集団乱舞によく出会います。
今、大江山の蝶について調べていますが、GENの撮影リストにテングチョウが抜けているのに気が付きました。ラッキーな2時間でした。

この記事へのコメント