アイノミドリシジミ・なわばりを守る世屋高原の朝

湿地の中央部、他より少し高い木の葉上にアイノミドリシジミ♂がとまり、周辺を見張っていました(写真1)。 距離があり、300㎜望遠でも厳しいですが、地元のアイノミドリシジミの記念写真を何とか写すことができました。   写真1.アイノミドリシジミ♂ 京都府宮津市上世屋 2015.…

続きを読むread more

ヒサマツミドリシジミ・5年ぶりの再会

低木の葉上にとまったヒサマツミドリシジミ♂が、少し翅を広げました(写真1)。 あの忘れられない翅の輝きを・・と緊張しましたが、開翅、光の角度、高さ・・なかなか条件がそろいませんでした。   写真1.ヒサマツミドリシジミ♂ 兵庫県豊岡市 2015.6.24(12:20)   …

続きを読むread more

アイノミドリシジミ・朝の乱舞

午前9時過ぎ、雲が切れ、谷間の樹上が明るくなった瞬間、アイノミドリシジミの動きが活発になりました。恒例の卍飛翔をおこなっていましたが、突然、多数のアイノミドリシジミ♂の出現で、爆発したように高速で飛び交いました(写真1)。 たまたま、置きピンマニュアルで卍飛翔を写していたので、そのままシャッターを切りました。 なんとかラッキ…

続きを読むread more